治験
HOME > 治験

治験

治験について

  1. 生理痛が強い方で、卵巣チョコレートのう腫のある方が対象です。

    卵巣チョコレートのう腫とは?

    ○子宮内膜症の1つの症状です。
    ○生理痛、過多月経、性交痛などが主な症状です。 この他、生理以外の時の腹痛、腰痛、頭痛などの症状、生理期間の延長の症状があったりします。
    ○症状の程度で、子宮内膜症、チョコレートのう腫の疑いは推測されますが、婦人科の検診が必要とされます。
    ○卵巣チョコレートのう腫は、少しずつ成長する事が多い病気です。
    ○将来悪性になる可能性があります。
      年齢や大きさ、チョコレートのう腫の形、大きくなるスピード等をしっかり観察する事が大切になります。
  2. 卵巣チョコレートのう腫の治療
    1)ピルを用いる時があります。
     症状に応じて、沢山あるピルのうち、どれが良いか選択されます。

    2)黄体ホルモン(プロゲスチンといいます)を用いる時があります。
     これにはディナゲストと言う薬剤とデュファストンがあります。

    3)ピルの成分を含んだ避妊リングを入れる時があります。
     ミレーナと言って、子宮内に装着されたリングから、ピルの成分が少しずつ放出される仕組みです。

    4)更年期と似た状態にする薬剤があります。(女性ホルモンの働きを抑える薬)
     a)注射薬
     b)内服薬
     c)点鼻薬 があります。
    ※子宮内膜症、卵巣チョコレートのう腫については、当院ホームページに詳しく出ています。

    5)治験の薬剤
     今迄のホルモン剤ではありません。
    月経痛の原因と考えられるプロスタグランディンという成分の働きをコントロールする薬剤です。

    プロスタグランディンの成分をコントロールする薬剤は、これまで既に市販の薬剤の中でもあります。
    治験薬は全く未知の薬剤という訳ではありません。
子宮内膜症の募集ポスター